忍者ブログ
2018 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2018/09 10
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    “GIGS”BOX: EMIミュージック・ジャパン
    “GIGS”BOX
    商品カテゴリ: DVD
    収録曲: INTRODUCTION, IMAGE DOWN, BABY ACTION, RATS (新収録), MORAL, GIVE IT TO ME (新収録), "16" (新収録), THIS MOMENT, わがままジュリエット, BAD FEELING, LIKE A CHILD, OH! MY JULLY PartI (新収録), WORKING MAN, B・BLUE, TEENAGE EMOTION (新収録), LONDON GAME, NO! N. Y., DANCING IN THE PLEASURE LAND, ROUGE OF GRAY (新収録), RUNAWAY TRAIN (新収録), B・E・L・I・E・V・E, CLOUDY HEART, INSTANT LOVE, FUNNY-BOY, MY HONEY (新収録), LET'S THINK (新収録), 1994-LABEL OF COMPLEX-, PLASTIC BOMB, MARIONETTE, RENDEZ-VOUS (新収録), SUPER-CALIFRAGILISTIC-EXPIARI-DOCIOUS, ハイウェイに乗る前に (新収録), JUSTY, ホンキー・トンキー・クレイジー, DREAMIN', BEAT SWEET, BLUE VACATION, ONLY YOU, ON MY BEAT, IMAGE DOWN, ハイウェイに乗る前に, BABY ACTION, MARIONETTE, THE WILD ONE, BAD FEELING, WORKING MAN, B・BLUE, BEAT SWEET, ホンキー・トンキー・クレイジー, BLUE VACATION, NO. NEW YORK, DREAMIN', ONLY YOU, DREAMIN', BABY ACTION, ハイウェイに乗る前に, BAD FEELING, CLOUDY HEART, NO. NEW YORK, IMAGE DOWN, LIAR GIRL, INTERVIEW KYOSUKE HIMURO, INTERVIEW TSUNEMATSU MATSUI, INTERVIEW MAKOTO TAKAHASHI, INTERVIEW TOMOYASU HOTEI, B・BLUE, DOCUMENT 1, BLUE VACATION, JUSTY, DOCUMENT 2, GIVE IT TO ME, DOCUMENT 3, INSTANT LOVE, DOCUMENT 4, IMAGE DOWN, DOCUMENT 5, CLOUDY HEART, BABY ACTION, BAD FEELING, DOCUMENT 6, ハイウェイに乗る前に, WORKING MAN, DOCUMENT 7, MARIONETTE, DOCUMENT 8, ホンキー・トンキー・クレイジー, NO. NEW YORK, DOCUMENT 9, DREAMIN', DOCUMENT 10, INTERVIEW TOMOYASU HOTEI, INTERVIEW MAKOTO TAKAHASHI, INTERVIEW TSUNEMATSU MATSUI, INTERVIEW KYOSUKE HIMURO, わがままジュリエット, ONLY YOU, INTRODUCTION, IMAGE DOWN, ハイウェイに乗る前に, BABY ACTION, BAD FEELING, MARIONETTE, WORKING MAN, B・BLUE, BEAT SWEET, ホンキー・トンキー・クレイジー, BLUE VACATION, NO. NEW YORK, DREAMIN', THE WILD ONE, ONLY YOU, ホンキー・トンキー・クレイジー, BABY ACTION, IMAGE DOWN, INTRODUCTION, IMAGE DOWN, MARIONETTE, WORKING MAN, B・BLUE, ホンキー・トンキー・クレイジー, NO. NEW YORK, DREAMIN', ONLY YOU, INTERVIEW, PROLOGUE, MASS AGE (新宿LOFT 1984.3.30), IMAGE DOWN (新宿LOFT 1984.3.30), GIVE IT TO ME (新宿LOFT 1984.3.30), ON MY BEAT (新宿LOFT 1984.3.30), OFF SHOT( ロンドン&ベルリン), NO. NEW YORK (LONDON MARQUEE CLUB 1985.3.12), TEENAGE EMOTION( LONDON MARQUEE CLUB 1985.3.12), LONDON GAME (LONDON MARQUEE CLUB 1985.3.12), INTERVIEW, BABY ACTION (LONDON MARQUEE CLUB 1985.3.12), OH! MY JULLY PartⅠ(LONDON MARQUEE CLUB 1985.3.12), MIDNIGHT RUNNERS (LONDON MARQUEE CLUB 1985.3.12), INTERVIEW, INSTANT LOVE (赤坂ラフォーレ・ミュージアム 1985.4.13), BABY ACTION (赤坂ラフォーレ・ミュージアム 1985.4.13), NO. NEW YORK (赤坂ラフォーレ・ミュージアム 1985.4.13), DANCE CRAZE (赤坂ラフォーレ・ミュージアム 1985.4.13), INTERVIEW, わがままジュリエット (青山スパイラルホール 1986.3.24), 1994-LABEL OF COMPLEX- (青山スパイラルホール 1986.3.24), INTERVIEW, DREAMIN' (日本武道館 1986.12.10), INTERVIEW, ONLY YOU (日本武道館 1986.12.10), EPILOGUE,
    セールスランク: 783 位
    発送可能時期: 下のボタンを押して最新納期をご確認ください
    参考価格: ¥ 24,280 (税込)

    ご購入前のご注意
    当ページはウェブサービスにより実現されておりいます。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てアクセス先の取り扱いとなります。最新情報もそちらでご確認ください。

    購入する

    レビュー

      この商品対するレビューはありません。

    関連商品・他の方が見てみた商品

  • GIGS CASE OF BOφWY COMPLETE
  • “LAST GIGS”COMPLETE
  • THIS BOΦWY DRASTIC(初回限定盤)(DVD付)(紙ジャケット仕様)
  • THIS BOΦWY DRAMATIC(初回限定盤)(DVD付)(紙ジャケット仕様)
  • “LAST GIGS” COMPLETE


    お客様のご評価(この商品・製品に対するご購入者や他の方のコメント)

    CASE 未発表曲は非常に素晴しい

    「CASE OF BOOWY COMPLETE」は非常に良かったです。
    未発表の11曲はとても新鮮で、当時擦り切れるほど見ていた頃を思い出しました。
    しかし、演奏的にも、映像的にも全く問題部分があるわけではないのに、
    何故もっと早く出せなかったのでしょうか・・?
    「RATS」「GIVE IT TO ME」「16」・・・最初から順番に見ましたが、鳥肌立ちましたよ。
    数年前にDVD化した時点でCOMPLETEにして欲しかったです。
    やっぱりBOOWYはEMIにとって格好の「商材」。
    様々な利権が絡むので、やっぱり顧客第一主義にはならないんでしょうね。
    LAST GIGSもしかりですが、出ればファンは絶対買います。
    悔しいですが・・・
    「CASE OF BOOWY COMPLETE」以外は、「BOOWY GIGS BOX」ではなく

    「HIMURO GIGS BOX」

    ですね。CASE以外の5本は、ほとんど氷室しか映っていません。
    だから単調で飽きてしまうと思います。
    特に時代が古いと「Vocal=主役」ですから、9割以上氷室京介。
    布袋を始め常松、まことは完全な「その他伴奏」扱いでほとんど映ってません。
    これはしょうがないですね・・・よって星4つです。



    なぜ8枚組?

     内容については他のカスタマー・レヴューをご覧頂けるように、継ぎ接ぎや再利用、同じ曲に同じアレンジばかりでちょっと困りもの。しかし未発表映像もあるのでファンは購入せざるを得ないというますます困ったもの。それでいて限定盤なので急いで買わなきゃいけないというすごく困るもの。いつもの、EMIお得意の「小銭稼ぎ」だ。
     だがまぁ、それはしょうがない。EMIはそういう小ズルい気質の会社なのだから。限定でさえなければ私も買わなかっただろう。
     問題は、8枚組であることだ。「CASE OF BOOWY」は3枚になっているが、DVDの収録時間を考えたら1枚か、多くとも2枚におさまる筈。それを律儀に(枚数増やしのため)第一部、第二部、アンコールに分けている。これはCD(こっちも限定!)も同様で、そっちも2枚組におさえられた筈なのに3枚組にされている。そもそも、『LAST GIGS COMPLETE』などもそうだが、DVDとCDを同内容でリリースするというのも気に食わない。これも小銭稼ぎではないか。
     収録時間たった30分のディスクもあり、これなど、他のディスクに併録できたではないか、としきりに思う。現に複数のギグを1枚に収録しているディスクもあるのだから、わざわざ枚数を増やすことはない。
     収録時間を考えれば、5枚組、2万円ぐらいで出せた筈だ。それを8枚に水増しして、高値で(しかも限定という弱味を作って)リリースするというのは“20th Anniversary”なんて呼べない。ファンの弱味に付け込んだ偽善商法でしかない。それも、伝説のバンドとされるBOOWYでそれをやってしまうというのは、メンバーの意向を無視した相変わらずのEMI戦略。紙ジャケも同時発売されたが、リマスタリングもされていないし未発表曲を収録しているでもなし、『COMPLETE』があれば不要じゃないか。解散しているバンドだからといって、乱発し過ぎだ。
     ブルーレイ移行前の放出品ではないか? ブルーレイが浸透したらまた再発するのではないか?
     こんな愛のない商品は、コアなファン以外には不要。ミュージシャンに対する愛情や情熱を感じない。金の亡者のメーカーに立腹し、星ふたつ。
    『GIGS BOX 2』なんてフザけたものは出すなよ!
    BOOWYより暴威

    あーぁ、ついに買ってしまった。
    解散してからも人気高いせいか、ほんまに色々小出しにしてくるなぁ。
    EMIの戦略に、みすみすハマりたくないから、今までのんはなるべくスルーしてた。
    でもまぁ暴威初期からのファンとしては、レコードしか持ってなかったから、
    全レコードがCD化された時は、うれしかった。
    それで売れるもんだから、調子のったのか、
    12インチのCD化、シングルを集めたCD、更には
    全アルバム+12インチ+未発表曲ていう力技、10枚組CD-BOXが発表された。
    そして今回は遂にGIGS DVDBOX発売
    未発表映像満載の8枚組。
    欲しいけど、32000円は高い。
    せめて3枚組くらいにして、安くしてくれないか?って痛切に思うよ。
    CDショップいくたびに、毎回買おうか、買うまいか悩んだ。
    何回も同じことの繰り返しに飽きて、遂に買ってしまった。
    これは“買い”でしょう。
    って、しみじみひとりごと。

    まぁ充実の内容だ。
    だが、本当に観たい映像は初期の暴威。
    売れてからより、売れる前のを見せてくれ。
    ディスクの8枚目で

    自分の要望が多少は叶ったかな・・・。台風直撃の「BEAT CHILD」での氷室布袋のハプニングは最高だよな。レアでしょ。「CASE?」のカットされたナンバーたちの中で初期の頃の「RATS」「16」「MY HONEY」は涙モン。一番「観てぇ」って思ってたのが1985年のLONDON LIVE!!!最初で最後の超貴重な映像。鳥肌が立った。LIVE後のイギリスのBOOWYへの新聞記事やらニュースやらの情報が気になる!ロンドン、ベルリンでのオフショットの4人は楽しそうだ。観てるこっちも楽しくなるね。

    今度は「LIVE AT LONDON 1985 NO CUT」を出してね。
    記念品に自分にとってのレア映像が含まれていたなら儲け物?

    ロンドンのマーキークラブの映像と台風直撃の南阿蘇のライブが見たくて買ったけれど
    こういうパッケージの物としての商品は今残しておかないと(買っておかないと)と思う。
    今後はウェブのデジタルコンテンツが主流になっていくだろうし。
    それはとても合理的な反面、芸術品とは言えず消費対象としか成り得ないと思うから。
    かといって今後こういったものが再びリリースされることはないという凛とした方向へは進まないだろうというのが皆の予想だと思うんだけれど
    とりあえず自分はこれまで買ったBOΦWY物を全て大事に保管しているような濃いファンではないので
    今回の公式リリースものだけでも家に残しておこうかなと思う。
    一番大事なのはリアルタイムで共有することだって、その昔思い知った者としては
    今の自分の欲求に素直にありたいだけ。今の段階ではBOΦWYの解散25周年も30周年もあるとは限らないからね。

    検索エンジン「五十八系」SEO工房検索エンジン検索エンジン「WEB探偵」検索エンジン「インフォーポート」 ランドマーク検索エンジンSP 美容と健康の情報検索サイト のベストリンク神奈川県横浜市港北区SOHO のベストリンク★ エ! これがうわさの!? ★ のベストリンク簡単ダイエットでキレイにやせる会 のベストリンクオンプロぶろぐ同盟 のベストリンク 結婚の謎(ミステリー):アチーブメント出版大投資家ジム・ロジャーズが語る商品の時代:日本経済新聞社さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書):光文社シュリーマン旅行記清国・日本 (講談社学術文庫 (1325)):講談社3つの原理―セックス・年齢・社会階層が未来を突き動かす:ダイヤモンド社
  • PR
    Live at Far East: ユニバーサル シグマ HOME LIVE TOUR 2005~PERFECT LIVE “ASIA”~: rhythm zone
    Copyright © アットマーク24 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]